FC2ブログ
人妻出会い無料サイトの掲示板です。人妻とセックスしまくりましょう。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
人妻に何でもしてあげる
2009-12-02 Wed 13:02
『アァー恥ずかしいわ。』と小さく呟くように妻は唇を噛みしめながら横を向いたまま恥ずかしい部分をW君に露わにしたのです。
私は再び妻にW君を悦ばせてあげなさい。そう指示をすると妻はまたW君の方に行き今度はW君の唇に自分の唇を重ねていました。
『W君は彼女いるんだよね?ごめんね、こんなことしちゃって。私を抱くのは嫌かな?』などとW君に気を配った言い方をしていました。
W君は「そんなことありません。僕は前から○○さんのことは綺麗な女性だと思っていました。ただ、今日は旦那さんの前だから緊張してしまって・・・でも、最高です。」と妻をもちあげていました。
『ありがとう。だったら今日はW君に何でもしてあげるわね。貴方もいいんでしょ?』と私に問いかけてきた時は少しだけ妻に恐怖感のようなものを感じました。
私は、「いいよ。W君を思いっきり楽しませて上げなさい。」と、言って二人の様子を窺うだけにしました。
唇を深く絡ませていた二人はそのまま横になってW君の上に妻が覆いかぶさっていました。
妻はそのまま身体を逆に向けてW君のチ○ポに顔を向けたと同時に自分のアソコをW君の顔に向けました。
W君は静かに妻のアソコに顔をあてて丁寧に舐め始めました。他の男に妻のアソコを見られて私の興奮も最高潮でした。
お互いに満足するまで舐めあっていると、今度は妻がまた身体を反転させてW君のチ○ポを自分の穴に導き入れました。
既に洪水状態の妻のその部分は簡単にW君の大きなモノを飲み込むようでした。
その時です。妻は『アァーッ!気持ちイイ。W君のオチ○チン本当に欲しかったのよ。いつもそう思っていたのよ。W君とこうなれて最高よ。』と、妻の口から本音が漏れました。
私は、この時の言葉は今でもハッキリ覚えています。それほど衝撃的な言葉でした。
話が逸れましたが妻はW君の上に跨り激しく腰を上下左右に振っていました。
別窓 | 未分類 | ∧top | under∨
| 人妻出会いサイト掲示板(無料ver.) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。